種牡馬フランケル(Frankel)の特徴

種牡馬フランケル(Frankel)

フランケル(2008年2月11日に種付けされた)は、引退したイギリスのサラブレッド競走馬である。 フランケルは14戦無敗で、2011年5月からは世界で最も評価の高い競走馬となった。 2010年には、デビュー戦で後続のグループ1勝馬ナサニエルとカラービジョンを含む馬群を破り、ロイヤルロッジステークスを10馬身差で、デューハーストステークスではミドルパークステークスの勝ち馬ドリームアヘッドを破って勝利した。

3歳時にはクラシック2000ギニー、ロイヤルアスコットのセントジェームスパレスステークスを6馬身差で制し、グッドウッドで行われた待望のサセックスステークスで優秀な高齢馬カンフォードクリフスを破り、アスコットで行われたクイーンエリザベス2世ステークスを制した。

フランケルは2012年にロッキンゲ・ステークス、クイーン・アン・ステークス、そして2度目のサセックス・ステークスを制して無敗記録を更新。8月には初めてマイル・アンド・クォーターに昇級し、ヨークで行われたインターナショナル・ステークスを制した。 10月にはアスコットで行われたチャンピオン・ステークスで再び1マイル1/4以上で勝利し、その後の引退が発表された。

2011年10月にアスコットで行われたクイーン・エリザベス2世ステークスで勝利したフランケルは、40年以上の歴史の中で最も高い評価を得ており、ティムフォームの評価はシーバード、ブリガディエ・ジェラード、チューダー・ミンスターに次いで4番目に高いものでした。 2012年6月、ロイヤルアスコットで行われたクイーン・アン・ステークスでの勝利を受けて、タイムフォームは暫定評価を147に引き上げ、同馬を組織史上最高評価馬とした。 2013年1月、タイムフォームは同馬のレースキャリア終了時の最終評価も147であることを発表した。

世界サラブレッド競走馬ランキング委員会は、1977年に導入されて以来、2ポイント差でフランケルを最高の競走馬として評価してきた。2013年1月には、この制度の初期の頃は最近よりも馬の待遇が優遇されていたと考えられていたため、格付けの再調整が行われたと発表された。 フランケルの格付けは140で確定したが、ダンシングブレーヴは141から138に、アレジェドは140から134に、シャーガーは140から136に引き下げられた。

1900年以降、イギリスの競走馬の中で、より多くのレースで勝利し、無敗でキャリアを終えたのはリボだけである(主にイタリアでレースをしている) 2000年のギニーでのフランケルの活躍は、「イギリスの競馬場での最大の見せ場の一つ」と評されている。

フランケルは、大きな白い星、鼻のすぐ上に白いスニップ、4本の白い足が特徴のベイホースです。 ジャドモンテ・ファームズで繁殖され、ヘンリー・セシルが調教した馬で、カリド・アブドゥッラーが所有しています。 名前はアメリカの有名な故ボビー・フランケル調教師にちなんでつけられています。

フランケルはチャンピオンの種牡馬ガリレオ Galileo の血統。ガリレオはダービーを制しましたが、フランケルのステイティング・パワーが1マイル半のクラシックで通用するかどうかは疑問視されていました。 その代わりにフランケルは3歳馬のマイル戦を目標にしており、最初の主な目標は2000ギニーでした。

フランケルの仔カインドはグループ1のアーリントンミリオン勝ち馬パワーズコート、グループ2のリブルズデール・ステークス勝ち馬リポステ、グループ3のプリ・ド・バーベビル勝ち馬ラスト・トレインの異母妹。 2006年にパドックに引退したが、これまでに3頭のグループ勝ち馬を産んだ。フランケルの3頭の兄弟で、仕事仲間でありペースメーカーでもあるブレット・トレインはグループ3のリングフィールド・ダービー・トライアルを制し、フランケルの正弟ノーブル・ミッションは上場ニューマーケット・ステークスを勝ち、ロイヤル・アスコットで行われたグループ2のキング・エドワード7世ステークスで2着した後、グロリアス・グッドウッドで行われたグループ3のゴードン・ステークスを制しました。 ヘンリー・セシル卿の未亡人レディー・ジェーン・セシル(Lady Jane Cecil)のためにグループ1を3勝し、最後の1勝はアスコットのチャンピオン・ステークスで、フランケルの最後の1勝は同じコンテストでのフランケルの優勝に似ている。カインドは上場馬でグループ優勝馬のジョイユーズ(Joyeuse)の仔でもある。

競走キャリア

フランケルは2010年8月13日にニューマーケットで行われた軟らかな馬場での1マイルの前哨戦で2歳馬としてのキャリアをスタートさせた。 序盤はスローペースで折り合いをつけたが、2マイル先ではジョッキーのトム・クエリーに抑えられていた。最後の1Fでリードし、ジョン・ゴスデン(John Gosden)の後のキング・ジョージ6世とクイーン・エリザベス・ステークスの勝者ナサニエル(Nathaniel)に2分の1馬身差をつけて快勝した。

その4週間後、フランケルはドンカスターで行われたフランク・ウィトル・コンディション・ステークス(Frank Whittle Conditions Stakes)に出走した。対抗馬は2頭のみ(2番人気のファールはスタート前に辞退)で、オッズは1/2。 トム・クアリーが先頭のダイアモンド・ギザを追いかけて、フランケルを1馬身1/2差で先頭に立たせました。 この馬は加速して相手を抜き去り、後続のマルセル・ブサック賞3着のレインボー・スプリングスに13馬身差をつけて圧巻の勝利を収めた。

9月25日、フランケルはオーナーのカリド・アブドゥッラーがスポンサーを務めるアスコットで行われたジャドモンテ・ロイヤル・ロッジ・ステークスでグループ・カンパニーに初めて挑みました。 このレースはフランケルがレース中盤にホームターンを回り、後続のホリスヒル・ステークスの勝ち馬クラマーを10馬身差で下したことが注目されました。 翌年のアイルランド・ダービーを制したトレジャー・ビーチ Treasure Beach は11馬身弱の差で敗れました。 レース後、The Racing Postのピーター・スカルギルは「騎手は単に馬体を手と踵で押し出して10馬身差で勝利しただけで、もっと簡単に勝てたかもしれない」と評した。 "彼はとても印象的でした。彼はすべての条件を満たしていた。この2ヶ月で彼は本当に良くなり、良くなり、良くなり、良くなってきた」と語った。

フランケルの今年最後の出走は10月16日にニューマーケットで行われたデューハースト・ステークスで、これがグループ1レベルでの初戦となった。 このレースは世紀の2歳レースと称され、他にも2頭の無敗の仔が出走していました。フランケルはフィニッシュから1馬身1Fのところで先頭に立つ前にクエタリーに抑えられていましたが、その後は1馬身1Fのところで先頭に立ちました。 終盤には右回りにもかかわらず、2.4馬身差をつけて快勝した。 2着のロデリック・オコナーはその後、サン=クルーのグループ1クリテリウム・インターナショナルを制し、3歳馬としてアイルランド2000ギニーを制した。 翌日、ヘンリー・セシル騎手は「フランケルは不運にもストールから出てきたところでぶつかってしまってショックを受け、結果的にはとても自由に走ってしまった。」と語っている。

2011年4月30日、2000ギニーに出走したフランケルは1974年以来、1/2のオッズでこのレースの最少人気馬となった。フランケルは中途半端に15馬身ほどリードして6馬身差をつけて勝利し、1947年のチューダーミンストレル以来の大差をつけた。 このパフォーマンスは「かろうじて信じられる」と評されたが、レーシングポストのポール・カーティスはその後、「フランケルの驚くべきパフォーマンスは彼をスーパースターの地位に押し上げた」と述べている。

2011年のエプソムダービーでは長い間人気を集めていたが、スタミナに疑問を感じたフランケルはブルーリボンのレースには出走しなかった。 その代わり、次の出走は6月14日にロイヤルアスコットで行われたセントジェームスパレスステークスだった。 このレースではペースメーカーであるルルートが猛烈なペースを作り、中盤までに大きなリードを広げた。フランケルはジョッキーのトム・クエリーに指示されて先頭を追いかけると、3ファールのマーカーの直後にルルートドをパスし、残り2ハロンで6馬身のリードを広げていった。

しかし、最後の1Fでは20対1のゾファニーが大きく挽回し始め、最終的にはフランケルが4分の3馬身差で勝利した。レース後、ケアリーはレース中盤の動きが馬に負担をかけすぎたのではないかとの批判を受けていた。 セシルとクアリーはフランケルが前に出ていただけだと主張していたが、このレースで初めてフランケルが無敵に見えたとの見方もあった。

サセックス・ステークスは「ダウンズでの決闘」と称され、ここ数年で最も待ち望まれていた対決として多くの人に見られていた。 フランケルは、7月27日にグッドウッドで行われたグループ1で5連勝中のカンフォードクリフスに5馬身差をつけて勝利した。 程よい逃げと戦術で、フランケルは前走でブリーダーズカップマイル3勝のゴルディコバを差し切ったこの馬を全力で叩きのめしました。 カンフォードクリフスは胸部に影があることが判明し、これが悪化すると深刻なダメージを受ける可能性があると判断されたため、退役となった。このため、レース後に獣医のアドバイスを受けて引退した。

フランケルは勝利後、多くの賞賛を受けました。トレーナーのヘンリー・セシル卿は次のように語っています。 「ありふれた言い方だと思うが、彼は今まで見た中で最高の馬だ。私が比較できるのは、シャーガーとブラッシンググルームの全盛期だけだと思う。テューダーミンストレルやマッチレースの時代には戻れないが、彼は私の生涯で最高の馬だ」 セシルはインタビューの中で、ライバルのカンフォードクリフスを十分に尊敬していたにもかかわらず、この馬が楽勝すると予想していたとも語っている。

勝利後、イギリス競馬局はフランケルの公式評価を130(オーストラリア馬ブラックキャビアと同点)から135に引き上げ、フランケルは正式に世界最高の競走馬となった。

フランケルの勝利を受けて、セシルは8月中旬にヨークで開催されるジャドモンテ・インターナショナル・ステークスでフランケルを狙うのではないかと噂されていました。 このレースは1マイル4分の1以上の距離で、フランケルがこの距離のレースに出走するのは初めてのことでした。 しかし、オーナーのカリッド・アブドゥラ王子との検討の結果、セシルは翌日、この仔が2011年に出走するのは、10月15日にアスコットで開催されQIPCOブリティッシュ・チャンピオンズ・デイのクイーン・エリザベス2世ステークスだけであると発表しました。

その評判にもかかわらず、15日のクイーン・エリザベス2世ステークスには8頭の有力馬が出走することが宣言されていましたが、フランケルは相手を怖がらせませんでした。 出走馬には、ムーラン・ド・ロンシャン賞の勝ち馬エクセルブレイト Excelebration 、コロネーション・ステークス、ジャック・ル・マロワ賞の勝ち馬イモータル・ヴァース Immortal Verse 、ディック・ターピン Dick Turpin が含まれていました。 前年のクイーン・エリザベス2世ステークスの勝ち馬、ゴドルフィンが調教したポエッツ・ヴォイス Poet's Voice も出走していました。

フランケルが4馬身差で勝利し、グループ1の勝ち馬エクセーブルブレイション Excelebration とイモータル・ヴァース Immortal Verse が小競り合いを演じました。 エグセレブレ-ションがセシル調教のスターに屈したのはこれで3回目でした。 3歳のキャリアを終えた時点でタイムフォームのレーティングは143となり、タイムフォームのオールタイムレーティングでは4位に浮上した。

2歳と3歳の時には1マイル(8フィート)以上のレースには出走していなかったフランケルだが、4歳のキャンペーンでは、10フィートの中距離レースの中でも特に注目されるレースが期待されていた。 2011年10月、カリド・アブドゥラ王子のレーシングマネージャーであるテディ・グリムソープは、2012年シーズン後半の目標として「エクリプスとジャドモント」を挙げているが、その一方で、ブリーダーズカップマイルやサンタアニータで行われるクラシックに出場する可能性もあった。

サー・ヘンリー・セシル調教師は2011年10月に、この馬はもう一度の冬に向けて良くなると信じており、「1マイル4分の1は簡単に取れるだろう」と語っていました。 ニューマーケットの調教師は「彼は本当に成長し始めています。来年はもっと良い馬になるでしょうし、今のままでも良い馬ですよ」と語っていた。

2012年4月11日(水)、フランケルがニューマーケットのレースコースサイドで作業中にオフフォアを負傷したとの報道が浮上した。 フランケルのオーナーであるカリド・アブドゥッラーの経営するジャドモンテの声明文には、「彼はとても贅沢な動きをする馬で、自分自身をぶつけてしまった。 「彼は自分自身をぶつけてしまったような贅沢な動きをしています。現段階では表面的な怪我のように見えるが、今後数日間は様子を見守ることになるだろう」

Frankelはスキャンを受けたが、損傷に充填物があったため、充填物が解消された後、より確定的な診断を得るために翌週のスキャンが手配された。 この2回目のスキャンの前には、エイントリーで行われたグランドナショナルの取材中にテレビで報道されたことがきっかけで、フランケルが引退したという噂が広まっていた。 この主張はグリムソープによって却下され、その後、2回目のスキャンでは損傷は認められなかった。

4月25日、フランケルは負傷後初めて仕事をし、5月5日にはニューマーケットで公開練習のギャロップに参加した。 5月5日、フランケルはニューマーケットで行われた公開ギャロップに参加し、終盤には仕事仲間のブレットトレイン(Bullet Train)とジェットアウェイ(Jet Away)を引き離してセシルを喜ばせた。

5月19日、フランケルはニューベリーで行われたグループ1のロッキンジ・ステークスで今年の初出走を果たしました。 彼はニューマーケットのマルコ・ボッティ厩舎からエイダン・オブライエン騎乗のバリードール厩舎に移籍してきており、前月のグラッドネス・ステークスを楽勝していたこともあり、レースでの体調面では優位に立っていました。 しかし、フランケルはペースメーカーのブレット・トレインを追いかけてフィニッシュから2馬身差で先頭に立ち、5馬身差をつけて勝利しました。 ヘンリー・セシルはフランケルを賞賛し、この馬はベストの状態ではなく、おそらくシーズンが進むにつれて改善するだろうと指摘した。

セシルはその後、次のように述べています。「ここ2シーズンの間にフランケルは初戦から大きく成長し、今シーズンも同じことを期待している。彼は精神的にも強くなり、大きく成長しました。今のところは前者が第一希望ですが、様子を見ることにします」と語っています。

6月19日、フランケルはロイヤルアスコットで行われたクイーン・アン・ステークスに1/10のオッズで出走しました。 このレースでは、フランケルはフィニッシュから3ハロンのところで先頭に立ち、エグセレブレイトに11馬身差をつけて勝利しました。 ガーディアン紙の特派員は、このパフォーマンスをサラブレッドレースの歴史の中で最も偉大なものである可能性があると評している。タイムフォームはこの勝利に反応して、フランケルの暫定レーティングを147に上げたが、これは組織史上最高のレーティングであり、1965年にシーバードが記録した145を2ポンド上回るものであった。 しかし、英国競馬機構のハンデキャップ担当者であるドミニク・ガーディナー=ヒルはもっと慎重であった。この馬の評価は140で、ダンシングブレーヴが記録した141という史上最高の記録のすぐ後だった。

レースの翌日、セシルはフランケルがコンテスト終了間際に靴を失ったと語った。「翌日、セシルはこのレースの終盤にフランケルが靴を紛失してしまったと語っていた。因みに、フランケルの次の2戦はグッドウッドのサセックス・ステークスとヨークのジャドモンテ・ステークスの2レースになるようです。

8月1日、フランケルはグッドウッドで開催されたサセックスステークスで前年に引き続き勝利した。1/20のオッズで3頭のライバルを相手にスタートしたフランケルは、ファラーに6馬身差をつけて勝利した。 この勝利で、フランケルはロック・オブ・ジブラルタルが記録したヨーロッパのグループ1連覇記録(7連覇)を更新し、サセックス・ステークスを2度制した初の馬となった。

レース後、トム・キューリー騎手は次のように語っています。「フランケルの背中で過ごす一瞬一瞬が特別な瞬間です。彼は素晴らしく、途中で他の全ての馬を料理してくれました。次のレースに向けての良い準備になりました。彼は他の馬とは一線を画していて、すべてを簡単にこなしてくれるんだ...。直線に入って、手綱を少し滑らせてしまった。彼にはあまり手綱を使わなくてもいいんだよ。彼はとても負けず嫌いで、今まで乗った馬の中で一番勝ちたいと思っていたよ。」

この馬のオーナーであるカリド・アブドゥラのレースマネージャーであるロード・グリムソープは言った。"彼には明らかにジャドモントとチャンピオンステークス(10月20日、アスコット)の2つのレースがあるが、その間には2ヶ月近くのギャップがあり、ヘンリーはその間のレース、もしかしたらプリ・デュ・ムーラン(9月16日、ロンシャン)のようなレースを彼に与えることを決めるかもしれない。

8月22日、フランケルはヨークで行われたジャドモンテ・インターナショナル・ステークスに勝利した。このレースは10フィート以上のレースで、彼が1マイル以上のレースに出走したのは初めてのことであった。 8頭のライバルに対して1/10のオッズでスタートしたフランケルは、かろうじてブライドルを降りて、グループ1を4勝したセントニコラスアビーに7馬身差をつけて楽勝した。 最も印象的だったのは、フランケルの高い巡航速度が彼に与えた優位性で、特に距離が10マイルになった今、彼に与えたものだった。

実際、勝者の囲いの中で行われたレースのテレビ映像では、セシルは自分の弟子である馬に畏敬の念を抱いており、馬の背中に手を回して汗の一滴もないことを示していた。これで、ロック・オブ・ジブラルタル(Rock of Gibraltar)が記録した7連勝の記録を更新し、彼のヨーロッパグループ1での8連勝となった。 ヨークシャーにとっても素晴らしいことだし、彼らは彼の姿を見るに値する」と語った。この日は体調不良のためにフランケルの前回の優勝を逃した後に競馬場に来ていたが、この勝利で「20年後の気分が良くなった」と語っていた。

レースの数日後、マーカス・アーミテージは次のように書いている。「競走馬を他の競走馬と比較するための格付けやハンデ戦の評価などは忘れて、今の世代でもそれ以前の世代でも、フランケルよりも優れた競走馬を見たことがないだろう...。彼をユニークな存在にしているのは、中距離でもトップクラスそれもスプリンターのペースで走れることだ......彼は100年は繰り返されないかもしれない遺伝の稲妻のような存在なのだ。」

フランケルは2013年から種牡馬として出走することになるが、ヨークでは10フィートの距離を快適に走れることを証明した。ヨークでは10フィートの距離を快適に走れることを証明したため、10月にロンシャンで行われる凱旋門賞(12フィート半)を最終戦とするプログラムの変更があるのではないかとの憶測もあった。 しかし、8月31日、グリムソープ卿はフランケルの次走はチャンピオンズステークスになるだろうと述べた。

10月20日、フランケルはアスコットで行われたチャンピオン・ステークスで10フィートの距離を制した。レース当日の朝、グリムソープ卿がコースを歩き、出走を許可するまでは、この仔の出走が危ぶまれていましたが、スタートでは数馬身差をつけられたものの、前年の勝ち馬シーラス・デ・エイグルを1馬身4分の3差で下しました。 スタートで数馬身遅れたものの、前年の勝ち馬シーラス・デ・エイグルを1馬身4分の1差で下し、ナサニエルは2馬身半差で3着に入った。32,000人もの観客が詰めかけたこのレースには、3馬身ほどの距離で応援に駆けつけてくれました。レース後、カリド・アブドゥラ王子はこの馬が引退して種牡馬になることを確認した。

シラスデゼーグルの調教師コリーヌバランデバルベは、レース後に次のように語っている。「フランケルをギャロップさせたのは勝利のようなものでした」テディ・グリムソープは、「フランケルとヘンリーに対する皆の反応は、スポーツ界の偉大な物語の一つです。"競馬の世界では、このようなことはありませんでしたが、このようなことがあったのは残念でした。素晴らしかったし、完全にそれに値するものだった」 トム・クエリーは次のように語った。「F1マシンの勝利はターマック以外では見られないが、あんな地面での勝利は彼がいかに特別な存在であるかを示している」 トム・キューリーは「F1マシンの勝利はターマック以外では見られない。ロイヤルアスコットではもっと大勢の観客がいたけど、これはもっと強烈だった。 もし彼が勝てなかったらどうしていたかわからないよ」とコメントした。ヘンリー・セシル卿はこうコメントしています。「彼は私が今まで見た中で最高の馬です。今までにこれ以上の選手がいたとしたら、とても驚きだ。」

フランケルはセシルの最高傑作であり、レースの伝承に残る記念碑である。化学療法と癌の被害に遭いながらも、フラットレース史上最高の馬を忍耐強く、鋭く、共感を持って管理したフランケルの功績は大きい。 2000ギニー以降、セシルはフランケルを落ち着かせ、より臨床的にスピードを使えるようにするために、フランケルの熱意を調整することにした...。 しばらく時間はかかったが、土曜日までには世界No.1のフランケルはのんびりしていて、半分眠ったままストールから落ちてしまった。ヘイワードはレース後にセシルの言葉を引用した。 「ヘイワードはレース後にセシルの言葉を引用した。以前は逆だったんだけどね」と語っている。

産駒の特徴

世界的にタイムの速い日本の競馬に高い順応性を示している。特にスピードは特筆するべきものがあり、父の欧州での凄さを追体験しているようである。 前向きな気性が時に折り合いの難しさを覗かせているが折り合った時のパフォーマンスはサンデーサイレンス系を凌ぐ爆発力を見せることも。 あまり差しに回るよりも気持ち良く先行させてレースを進める方がフランケルのスピードを生かせるようだ。

馬券の回収率を高める最良の方法とは欧州やアメリカで認められているロボアドバイザー投資です。 みんなの投資競馬が開発したもので無料公開されています。投資競馬初心者の勉強にもどうぞ。